電磁波対策

  1. 電磁波発生源から距離をおくことが対策の基本です
    • 蛍光灯から40cm程度の距離
    • 電子レンジから1m30cm
    • 携帯電話やスマートフォンで通話する際、イヤホンマイクを使用する。頭部に近づけない
    • 電柱やトランス、配電線から2〜3m
    • 高圧送電線 鉄塔、送電線から約70m~100m
  2. 距離が取れないケース(長時間使用)
    1. 電場はアースにより解消される場合がある
    2. パソコン、ゲーム機は短時間とする
  3. 磁場が発生しないものを選択する
    • IH調理器は最新機種を選択する
    • 電気毛布やホットカーペットは電磁波抑制製品を選択する
    • 床暖房は温水循環式を選択する
  4. 距離が取れないケース(短時間使用)
    • ドライヤー、掃除機、アイロンは短時間使用とする
  5. 距離が取れるケース
    • 電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどはアースをとり、製品から距離をおく
  6. その他
    • 未使用の家電製品はコンセントから抜くこと